美容液で潤いが感じられない原因…実は「水」だった!?

 

毎日のスキンケアで美容液を使っている人も多いでしょう。
美容液を使っている人の中でも、潤いを感じられない…そうお悩みを持っている人はいませんか?

美容液を使っても肌に潤いが感じられない理由

30代、40代と年を重ねるにつれて、美容液を使ってもなかなか肌の潤いが感じられない…そう感じることはありませんか?

実際、30代~40代の女性に「美容液を使っていても、肌の潤いを実感できないことがあるか」を
調査した結果、次のような結果に!

約6割の女性が、美容液がもたらす潤いを実感しにくくなっているようですね。
実は、実感できない原因の1つとして今注目されているのが「水」です。
原材料の多くを占める水分は、実は有効成分よりも重要度が高いことをご存知でしたか?

水の質によって、浸透に変化が!?


実はほとんどの美容液に使われている水は、“精製水”です。
精製水(せいせいすい)とは、蒸留や濾過やイオン交換などの手法で濃度を上げた、比較的純粋な水です。
無色透明・無味無臭で、場合によっては紫外線などで滅菌または殺菌されています。

実は、精製水といっても純度100%とは言えず、有機物や微粒子が混在しています。
すると、皮膚のバリア機能によって美容液が跳ね返されてしまい、お肌の奥まで浸透しないことがあるのです。
美容液を塗った直後は、お肌を触ると確かにもっちりしていますが、
表面だけに塗られた状態ですので、時間が経つと乾燥してしまいます。
そのため、いくら良い成分を配合していても、うまく有効成分を肌の奥に届けることができないのです。

そこで美容液に最適なのが「超純水」です。
超純水(ちょうじゅんすい、Ultra pure water)とは、主に産業分野で用いられる用語で、極端に純度の高い水をいいます。
純水の製造方法では取り除けない有機物や微粒子、気体なども様々な工程を経て取り除かれているのが主な特徴です。
今回は「超純水」を使って作られた美容液を発見しました!

しっかり浸透!潤いを実感できる超純水×美容液

「超純水」を使用した美容液「ブノワスキンクリーム 」は、美白をサポートするホワイトケア成分や、
ふっくらとハリのある肌に導いてくれる保湿成分が豊富に配合されています。
これらの美容成分と「超純水」をバランスよく配合し、美容成分を肌の奥の角質層まで届けてくれます。

他にも、「馬プラセンタ」「カミツレ」「ユーカリオイル」など、美容液として入っていて欲しい成分が含まれています。
更に先着300名に、初回限定で「ブノワ グレースマスク」も1枚付いてくるキャンペーン中!

今まで美容液をつけても、イマイチ潤いが実感できなかったという方は、
この機会に是非、「ブノワスキンクリーム 」の超純水を体験してみてくださいね!

七海

美容・コスメ関連に特化したフリーライターです。 モットーは「まずは、試してみること!」